カラダ×ココロもっと笑顔に!

menu

【UK MOVE】ヨガインストラクター青貝 夕子

看護師さんですか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

昨日の夜、梅田にて打ち合わせがあった私。

途中、化粧直しに席を離れた際・・・

なぜか女子トイレに男性が??

『ん?間違えた?』と思いましたが

どうやら

泥酔した女性がトイレから出て来れなくなり、

男性が上から登って開錠するという現場に遭遇。

女性の症状はひどく、男性もどうして良いか困っていた様子だったので

少し手助けをさせて頂きました。

こういう状況って結構、周りの協力が必要なもので・・・

『お水ないですか?』と聞くと、それまで無関心そうにしていた若い女性が

『あ、どうぞ』とペットボトルのお水を差し出してくれたり、

『だれが、女性の方手伝って下さい。』と言うと傍にいた方がサッと

私の指示に抵抗なく行動してくれました。

女性は何とか無事にトイレから脱出。

ほっと一息したところ、まわりにいた方から

『看護師さんですか?』

『良い人がいてくれて良かった』

『ご苦労様でした。』

とお声をかけて頂きました。

いや、日赤の救急法救急員なだけですというと、

これまた驚かれました。

それより私は、周りにいた方が

何の抵抗もなく

処置に協力してくださった

事に感謝です。

現場は女子トイレなので、(お連れの男性以外は、)

もちろん全員が女性でしたが、とても頼もしかったです。

本当に、ありがとうございました。

上級救命士から

赤十字救急法救急員まで、何かと応急処置を学ぶ機会に触れてから

こうした処置を必要とする場面に遭遇する事が増えました。

(というか、今まで無かったアンテナが立ったのかもしれませんが・・・)

今までなら処置していても

『変に触らんとき、お姉ちゃん』とか、言われた事もありましたが

周りの方の協力は本当に大切です。だって

一分一秒が命を奪う場面だってあるのですから・・・

何かあれば、処置を手伝って下さいね。

と同時に、管理施設に危険個所がないか?の安全危機管理を

そして、これからの季節

歓送迎会やお花見で飲みすぎないようにご注意下さいませ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

オフィスでヨガ

写真で解説!ヨガのポーズ集

“写真で解説!ヨガのポーズ集”