カラダ×ココロもっと笑顔に!

menu

UK MOVE(大阪のヨガインストラクター青貝 夕子)

ストレッチポールの正しい選び方・使い方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

こんにちは。
いつもレッスンにご参加いただきありがとうございます。

家でのセルフケアにはストレッチポール

ヨガやエアロビクス、BAILA BAILAなどのダンスクラスを受けてくださっているお客様から
「家で簡単にケアできる方法はないですか?」と聞かれて私が答えるのが
ストレッチポールでのコアリセットです。

IMG_0958

スポーツクラブさんでもよく販売していたり、ストレッチポールのクラスがあるのですが
あまりその選び方・使い方を知らない人が多いなぁと思ったので
今日は、ストレッチポールの選び方・使い方をご紹介したいと思います。

ストレッチポールの選び方

先ずはストレッチポールの選び方です。
家電メーカーのヨ◯バシカメラさんとか、ドン・キ◯ーテさんとかに行くと似たようなものをたくさん見かけます。
円柱や長さが微妙に違うだけで1000円代のものまであります。
一見してみると「あ!これでいいやん!」と思いがちですが・・・

ストレッチポールは必ず正規品を買ってください!!

ストレッチポールは正規品を

「え?正規品なんてあるの?」という声もよく聞くのですが、
ストレッチポールはLPNという会社さんが作ったのがはじまりです。

LPNの会社が出しているストレッチポールは
オリンピック選手の帯同も務めるトレーナーさんなどの努力によって微妙な皮の張り具合や円柱の長さなどを研究されて作られています。

実際に私も類似品を買っている人から話を聞くと
「すぐに中のスポンジみたいなやつ変形してダメになった。」
「皮(円柱を包んでいる外側のもの)が伸びて乗り心地が悪くなった。」
という声を聞いていますし、実際に目にしています。

そんなものに乗っていても余計に姿勢が悪くなりそうで、私は絶対に使っていません。

正規品の見分け方

じゃあ、正規品ってどうやって見分けるか?とっても簡単です。
ストレッチポールは登録商標されているので
「ストレッチポール」と商品名に書いているものを選んでください。
Amazonで検索しても似たような名前のものが

これだけあると、どれも同じように見えてしまいますよね。
実際に正規品は画面の右下にあるやつのみです。
Amazon_co_jp__ポール_ストレッチ__スポーツ&アウトドアストア
このように必ずストレッチポールと書かれているものを、購入してくださいね。

正規品を確実に買う方法

スポーツクラブでも「ストレッチポール」という商品名で書いているものはあるので、通っている所にあれば
そこで買っても良いと思います。

が、そうしてしまうと家までストレッチポールを担いで帰らなきゃいけなくなります

IMG_0946
車で来てる方は良いかもですが、担いで帰るのはちょっと・・・(笑)
という方におすすめなのがAmazonで買う!!

LPN ストレッチポール(R)EX ピンク 0002

新品価格
¥9,612から
(2016/2/7 19:49時点)

LPN ストレットポールと表記があるものを必ず選んでください。たいていの正規品は簡単な使い方が紹介されたDVDも一緒についてきます。

通販なので、もちろん家まで届けてくれるのが大前提
それに通常配送なら送料無料!
タダで配達してくれます。

Amazonなら、Amazonポイントが貯まるし
クレジット決済にすれば、クレジットのポイントも貯まるのでお得です

ストレッチポールの正しい乗り方

スポーツクラブのストレッチエリアで見てても
「あ〜もったいないなぁ」と思うことが多いです。

確かに、乗っているだけでも十分効果があるのですが、せっかくならより効果がある乗り方の方がいいに決まってます。
正しいポールの乗り方は、私がお世話になっているトレーナーさんが動画で紹介しているので
こちらを参照してください。

【ストレッチポールの使い方】上半身編 滋賀・大阪パーソナルトレーナー布川真一

よくある間違いが肘が床から浮いている人がいます。
肘は床につくポジションが基本の姿勢になります。

ぜひとも、肘を床につけてから行ってくださいね

また、使い方で迷っていたらいつでもご相談くださいませ♫基本的な使い方をご説明いたします。

青貝 夕子

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

青貝夕子について

青貝夕子
青貝夕子は大阪を拠点にするヨガインストラクターです。男塾(サーキットトレーニング)の塾長、BAILA BAILA、AER☆STERのトレーナーでもあります。ブログを通じてヨガの効果や運動に関する情報を発信していますのでfacebookページにぜひいいねをしてください。