カラダ×ココロもっと笑顔に!

menu

【UK MOVE】ヨガインストラクター青貝 夕子

疲れが溜まりやすい人のためのヨガ|開脚 変形のポーズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

疲れが溜まりやすい人のためのヨガ|開脚 変形のポーズ

ヨガインストラクター 青貝です。
ヨガのポーズ「開脚 変形のポーズ」を
写真付きで解りやすく紹介していきます。

開脚 変形という名前から、開脚のポーズが基本となっており、その変形ポーズとなります。
特に柔軟体操をするときのように間違えやすいポーズなので、注意して行いましょう。

開脚 変形のポーズ

開脚 変形のポーズの効果

写真で解説!疲れが溜まりやすい人のためのヨガ|開脚 変形のポーズのやり方

①両脚を開いて座ります。その時に、できるだけ両方のお尻が均等に床につくようにします。

②右手の人差し指で右足の親指を引っ掛けます。左手は真横にピンと引っ張るようにし、左右それぞれ引っ張り合います。


③左手をピンと伸ばしたまま、体を側屈させます。目線はそのまま前方を向いておきます。

ヨガ初心者向け!やさしいポーズのとり方

なかなか手が足先に届かないという人は、足首や足のスネあたりに手を添えて行いましょう。
体を倒す角度も、はじめはできるところから、少しずつで良いのでチャレンジしてみましょう。

開脚 変形のポーズの注意点・よくある間違い

他のストレッチや柔軟体操と同じように上半身を下に向けて行うのではなく、腰から上の上半身は真横に倒していきましょう。
右に倒れているとき、左側のお尻が床から浮きやすいので注意しましょう。左側のお尻(坐骨)は床を押し返すようにすると良いです。
下半身は股関節周りを柔軟にします。上半身は側屈の動きで体の横側を伸ばし背骨周りをほぐすことで、
ポーズを取り終わった後は、全身がすっきりします。
体に疲れが溜まりやすい人はぜひこのヨガのポーズにチャレンジして見てください。

ヨガインストラクター
青貝 夕子
サークルや企業様向け出張指導もしております♫
人数・場所・対象者・予算に応じて指導いたします。
お気軽にご相談ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

オフィスでヨガ

初心者OK!大阪・本町で朝ヨガ開催中

“大阪・本町で朝ヨガ”