カラダ×ココロもっと笑顔に!

menu

【UK MOVE】ヨガインストラクター青貝 夕子

流行りに左右されない!カラダ作りのプロが推奨する食スタイル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

身体のために、何を食べたらいいのか悩んでいました

生まれて34年ほぼ実家暮らし。
丸っ切り料理が苦手で、家ではほぼ料理をせずの日々を送っていました。

が、この10月からは東京一人暮らし。
自ずと自分で料理をしなければいけない状況に・・・。

 

最近は外食やコンビニのお弁当でも、保存料・添加物不使用や野菜が多いものもたくさん売られているし美味しいですよね。
でも身体が資本の仕事をしていることから、やはり外食続きには抵抗がありました。

何よりも、「なんだか寂しい」感じが否めなかった。

クックパッド見ながら作っても失敗するレベルの私ですから(汗)何を作って何を食べたらいいのか?すごく悩んでいました。

からだ作りのプロは「ごはんと味噌汁」が軸の食スタイルだった

どうしよう・・・と思ってたところ
パーソナルトレーナー高津 諭さんのSNSで紹介している食スタイルが目にとまりました。

高津さんといえば


・GOLD’S GYM公認パーソナルトレーナー
・フィットネスクラブPFTプログラムアドバイザー
・株式会社ヴェルディーク テクニカルアドバイザー
・スポーツトレーナー関連協会で役員として活動
・スポーツトレーナー向けセミナーでの講演活動
・個人トレーニングスタジオ顧問

トレーナー界では、その名を知らない人はいないキャリアと実績をお持ちの方。
そのカラダ作りのプロトレーナーが推奨する食スタイルとは・・・

「ごはんと味噌汁を軸にした食スタイル」

高津さんはボディビル競技者でもあるのですが、ごはんと味噌汁を軸にしたスタイルを継続されいます。

よくボディビルダーさんって「炭水化物は食べない」みたいな感じですが、そんなことは無いのがビックリしました。
「お米を食べてボディメイク」は高津さんの代名詞です。
→高津さんのブログはこちら

流行りの食事法は色々と試しました

ダイエットや美容に関する情報は、業界柄キャッチしておく必要がある立場なので、私もひととおりいろんな流行りは試しました。
なぜなら、自分が実践して体験しなければ、お客様に質問されたときに、うわべだけのアドバイスやネット情報と同じ回答しかできないことから、できる範囲で試すようにしています。

・プロテインだけの食事
・糖質制限
・スムージー
・ベジタリアンフード
・チアシード
・脂質カット

幸い業界的にも知識に詳しい人が周りにいたため、どれも楽しんでできましたし、結果も出ました。

でもやはり、続かないんですよね。
理由として大きく3つ

1.あまり流通しておらず手に入れにくい
2.高価である
3.栄養に偏りが出る

まぁなんて不効率(笑)

なので続く訳がなく。だからこそ「流行り」というのかもしれません・・・。
(人間は手に入らないものほど欲しがりますしね。)

ごはんと味噌汁なら簡単!料理が苦手でも出来た!

上記したように、私は料理が大の苦手!!
でも「ごはんと味噌汁なら、料理が苦手な私でもなんとか出来そうかも?」
と思い、一人暮らし生活とともにチャレンジ。

引っ越して2〜3日は、オタマや菜箸などキッチン用品が整っておらず、味噌汁をとくのも器に盛るのも、全部お箸一本でやってのける女子力の低さ(笑)でしたが、ちゃんと出来ました!!!

継続のポイントは一汁一菜からスタートすること

むかしは「一汁三菜」なんて言われてましたが、パワフルに一日働いて、夜遅く帰ってから、おかずを三品も作るなんて・・・
そんな体力もスキルもレパートリーもありません。
たぶん日本食やろうとして挫折する人はここで諦めちゃう人が多いのかも・・・

私は無理せず「一汁一菜」からスタートしてみました。

味噌汁の具は、季節のものを入れることで安価なのに栄養がしっかり摂れます。
また具を大きめにすると、味噌汁そのものがメインになったり。

ごほんと味噌汁さえしっかりしていれば、ちょっとしたおかずは、スーパーや商店街でお惣菜を買うだけでも、「ちゃんとごはん」になります。

流行りに左右されず簡単に美味しく健康的な食事スタイルが継続できる

ここで気付いたのが
ごはんと味噌汁って、作ろうと思えば

1.材料はどこのスーパーでも簡単に手に入る
2.安価である。
3.バランス良く栄養が摂れる

これまで試した流行りの食習慣とは真逆のことがわかりました。
そして何より、継続しやすい要素ばかりです。

流行りや嗜好品は日々のアクセントとして楽しむ

私はピザもパスタもパンも好き。ワインやウィスキーといったお酒も飲みます。
「ご飯と味噌汁しか食べない!」のではなく、
流行りの食スタイルも楽しむために、ご飯と味噌汁という軸があるという感じです。

ごはんと味噌汁という軸さえあれば、流行りの食スタイルは日々のアクセントとして楽しめます。
「これは食べちゃだめ」
「これしか食べない」
と決めてしまうよりも、楽しんで色んな食事を摂る方が、人生も楽しくなると思います。

食事は自分の体を作る大切なエネルギー
「こうしなきゃ・・・」とガチガチに考えてしまうよりも、楽しく食事を摂る方が良いエネルギーで満たされると思います。食事は五感や感性を刺激してくれますしね。

毎日ニコニコごはんを食べれることが健康

世界的に、健康の定義というのがWHOで定められています。

健康とは、病気ではないとか、弱っていないということではなく、肉体的にも、精神的にも、そして社会的にも、すべてが 満たされた状態にあることをいいます。

世界保健機関(WHO)憲章より

と言われていますが、
大学時代、スポーツ医学の授業中に
「毎日ニコニコごはんを食べれることが健康!!」と断言した教授の言葉を卒業して10年以上経った今でも覚えています。
そして、その通りだなぁと本当に思います。

皆さんは毎日ニコニコご飯を食べれていますか??

スーパーフードや流行りの情報に疲弊して「なに食べたらいいかわからない!!」という方、
ぜひぜひ「ごはんと味噌汁を軸にした食スタイル」試してみてくださいね♬

ヨガインストラクター
青貝 夕子

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

オフィスでヨガ

写真で解説!ヨガのポーズ集

“写真で解説!ヨガのポーズ集”