カラダ×ココロもっと笑顔に!

menu

【UK MOVE】ヨガインストラクター青貝 夕子

リストラティブヨガってどうするの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

リストラティブヨガってどうするの?

簡潔に言うと、
・リストラティブヨガは道具(プロップ)を使って、ポーズを取ります。
・ポーズの静止時間は1ポーズ20分ぐらい。
・呼吸を深める。
これだけです。

「参加者にポーズを選んでもらう」とは?

よく「参加者にポーズを選んでもらう」と書いてるものを読んだりします。これは
「私このポーズがいい!」とポーズを選択するのではなく(パーソナルセッションだと、そう言うシーンもあるかと思いますが)、その人のリラックスできる場所を選んでもらいポーズを完成させます。

基本のポーズを取る時に、
・お尻に引いているブランケットの厚みを自由に選ぶ。
一つ折、二つ折にしても違いますよね。
・道具をセットする高さを調整する。
ボルスターと呼ばれる大きなクッションみたいな道具を立てかける時に、角度を調整します。
・手のひらを上向きor下向き
仰向けになってみてください。手のひらが上向きの方がリラックスするか?下向きの方がリラックするか?人によっても違います。その日、その時の状況によっても変わります。

こうした細かいことを一つずつ丁寧にして行きます。
ポーズの形にこだわるヨガではなく、その人のリラックスできる場所を選ぶことで完成形へと導きます。インストラクター主導型ではなく、お客様主導型だとも言えます。

体がかたくても大丈夫?

よくあるご質問
「ヨガをしたいけど、体がかたくても大丈夫ですか?」と尋ねられます。

体がかたくてもヨガはできる!リストラティブヨガは尚更OK!!

基本的に、ヨガは体がかたくてもできます。
なぜならヨガは呼吸を大切にしているエクササイズだからです。

ゆっくりとした呼吸を行うことで、心と体が落ち着きます。
→リラックスすることで、余分な緊張が抜けます。
→緊張を解くと、筋肉も弛緩する。
→そこにポーズや形(型とも言います)を加えることで効果を引き出します。
→本来持っている筋肉の収縮性を取り戻すことができます。
(いくら柔らかくても、基本の呼吸ができていなければそれはヨガとは言い難いと私は考えます。)

ヨガの呼吸を感じながら、ゆっくりとポーズをとっていくことを大切にしてほしいと思います。

リストラティブヨガは、その人の骨格に合ったポーズを引き出していきます。
体がかたい人には、その人なりのポーズを提案します。
パーソナルレッスンでは、最大限にリストラティブヨガの効果を感じていただけると思っています。

これまでのヨガで物足りなかった人にもおすすめ

実は逆もあり、体が柔らかすぎて、通常のレッスンでは物足りない。と言う方にもおすすめです。
「ヨガスタジオやスポーツクラブなどのグループレッスンで心地よさを感じれなかった」
と言う方、全般におすすめです。

ストレスだらけの現代社会にこそ必要なリストラティブヨガ

リストラティブヨガは副交感神経を優位にすることを目的とします。
なので
究極のリラクゼーションヨガ
積極的な休養
心身回復ヨガ
と言われている理由はそこにあります。

ストレスだらけの現代社会だと、交感神経ばかりが働いている状態が続きます。
そして逆に副交感神経が優位な方にスイッチがなかなか切り替わりにくい人がいます。
交感神経が常に優位な状態(ON状態)が続くと、不眠になったり、体の血流が悪くなったりします。
(血流が悪くなる理由はまた今度、書きたいと思います。)

 

リストラティブヨガがよくわかる!漫画も!!

ツイッターで見つけたのですが、↓の漫画がとってもよく解りやすくておすすめです♩
漫画にも書いてますが、アイピローをのせるだけで、とってもスッキリします。

私はアイピローをおでこや背中、胸などにものせたりとたくさん活用して指導するのですが、
不思議なくらい気持ち良さを感じます。

東京都内にてリストラティブヨガを受講できます

東京都内渋谷区にて、リストラティブヨガをパーソナルにて受講いただける準備をしております。
準備が整い次第、こちらのHPまたはLINE@にてご案内させていただきます。

LINE@登録の方だけの特別価格もご用意する予定です。ご興味ある方は是非、お友達登録をお願いします。

友だち追加

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

青貝夕子blog

写真で解説!ヨガのポーズ集

“写真で解説!ヨガのポーズ集”

青貝夕子エッセイ集

ゆうこのダンスblog